HOME>特集>初めて購入するなら対面販売で購入するのが最適

購入先は大きく2種類ある

説明を受けるシニア夫婦

最近耳の聞こえが悪くなったと感じる人の中には、補聴器を購入したいと考えるようになった人もいるでしょう。補聴器の販売店は、大きく別けて対面販売と通信販売の2種類あります。補聴器は医療機器なので、だれでも販売できるわけではありません。しかし、特別難しい資格も必要ないことから、比較的多くの販売店が存在し、ネット通販で購入することも可能です。そのため、補聴器が必要になれば、気軽に購入することができる医療機器でもあります。ただ、補聴器は音の調整などをする必要もあるので、購入先はよく考えて選ぶことが大切です。

それぞれの利点

補聴器

初めて補聴器を購入するなら対面販売が最適です。対面販売ではしっかりとカウンセリングをした上で調整をしてもらえます。また、調子が悪くなったときでもお店に持って行けば修理なども受け付けてくれるでしょう。行きつけのお店を持てば安心して補聴器を使えるようになります。通信販売は手軽に購入できるのが大きなメリットです。外出することもなく、自分が気に入った補聴器を購入することができます。調整にしても、最近では各メーカーが調整をするためのスマホアプリなどを無料で提供し、自分でも調整可能になっています。ただ、定期的な検査をしながら調整することも大切なので、上手く対面販売と通信販売店を活用すると良いでしょう。

広告募集中